【札幌】下肢の評価と治療①② H30.2.4-3.3

¥ 32,184 税込

加算ポイント:0pt

商品コード: lower

関連カテゴリ

  1. Bクラス
  1. Bクラス
  2. 下肢
数量

[ 講 習 会 詳 細 ]

受講料 : Bクラスライセンスコース 26,820円(税別)
      単発受講 29,800円(税別)

講 師 : IAIR認定アドバンスインストラクター

対 象 : 医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

日 時 : 下肢① H30年2月4日(日)9:30~16:30
      下肢② H30年3月3日(土)10:00~16:00

会 場 : 札幌産業振興センター セミナールーム3

IAIR認定 Bクラスライセンス取得コース
PT・OT・STのための 下肢テクニック

[下肢テクニックセミナーの説明]

下肢セミナーでは、骨格系テクニックと筋膜系テクニックの2つを軸に、
テクニックをお伝えしています。

下肢治療に絶対不可欠なポイントに重点を絞り、
PTはもちろん、OTやSTの方であっても確実な結果が出せるテクニックを厳選してお伝え致します。



[下肢の評価と治療テクニック]
<<骨格系テクニック>>

1、股関節の骨格調整テクニック3・4
2、膝関節の骨格調整テクニック1・2
3、腓骨アライメント調整テクニック
4、足関節の調整テクニック
5、立方骨の調整テクニック
6、足根中足関節の調整テクニック

<<筋膜系テクニック>>

1、外側ハムストリングと外側広筋のリリーステクニック
2、内側ハムストリングスと下腿三頭筋間のリリーステクニック
3、下腿骨間膜のリリーステクニック
4、足底筋膜のリリーステクニック




<<骨格系テクニック>>

<股関節の骨格調整テクニック3・4>
股関節のクリアランスを確保し下肢のコントロール性を高める。




<膝関節の骨格調整テクニック1・2>
膝関節のクリアランスを確保し下肢のコントロール性を高める。

大腿骨と脛骨間のクリアランス(隙間)を確保するテクニックです。
両骨の間に十分な隙間が無い状態では膝関節伸展時に必要とされるスライディング機能が十分に発揮しません。
骨格、筋膜両方に働きかける事により膝の運動が円滑に行える状態を作ります。





<腓骨アライメント調整テクニック>
外側下方に変位しがちな腓骨のリアライメントテクニック。
腓骨が下方変位していると本来機能解剖学的には脛骨に乗っているべき重心が外側に落ちてしまいます。
腓骨のアライメントが改善される事により足底内側にしっかり重心が乗り立位が安定します。








<足関節の調整テクニック>

距腿関節のクリアランスを確保し可動域を改善するテクニックです。



<立方骨の調整テクニック>

立方骨の下方脱落によって生じる足部アーチの外側崩れを改善するテクニックです。
足部のアーチが修復されしっかりと内側に重心が乗るようになり立位バランスが安定します。
セルフでの修復方法(立方骨ex)もお伝えします。




<<筋膜系テクニック>>
外側内側ハムストリング間のリリーステクニック
 膝関節の伸筋と屈筋筋膜の間の筋膜癒着を剥がし、膝のコントロール性を高める。



<内側ハムストリングスと下腿三頭筋間のリリーステクニック>


内側ハムストリングスと下腿三頭筋の筋膜癒着を剥がすテクニック。
膝のコントロール性、下腿部の血流改善、 下腿部の内圧減圧に効果があります。
膝関節の調整テクニック
大腿骨と脛骨間のクリアランス(隙間)を確保するテクニックです。
両骨の間に十分な隙間が無い状態では膝関節伸展時に、
必要とされるスライディング機能が十分に発揮さません。
骨格筋膜両方に働きかける事により膝の運動が円滑に行える状態を作ります。

<下腿骨間膜のリリーステクニック>
脛骨と腓骨の筋膜をリリースし、下腿部の過緊張を緩和するテクニックです。
腓骨のサスペンション機能が正常に働くようになります。




[受講者さんからのテクニックレビュー]
A先生 理学療法士7年目
 立方骨調整テクニック、腓骨調整テクニックをすることで、歩行時の外側荷重が改善され、膝痛の改善がみられた。

S.S先生 理学療法士2年目
 腓骨へのアジャスト後、片脚立位時のバランスが改善した。

O先生 理学療法士1年目
 脛骨骨折の患者さんに腓骨のテクニックを使ったら支持性がアップした。



======================================
IAIRは受講生さんの技術習得率を非常に重視しております。
受講される方に対して習得率を上げる為に以下の事柄を推奨いたします。

・受講時学んだ技術は必ず臨床で使用して下さい。
・各種DVD教材、講義資料を用いて受講前の予習、受講後の復習を行って下さい。
・同僚の方と一緒に受講し、職場で毎日10分でもいいので練習会を行って下さい。

*上記の内容に関しては義務ではありませんが、
実践する事でかなり習得率が高まることを保証いたします。
======================================